京セラ株式会社

電子部品電機・精密機器・電子部品

Company View Point 素材・電子デバイス・半導体部品・通信情報機器など、多岐に亘る事業をグローバルに展開し、1959年の創業以来、一貫して黒字経営を貫く強固な経営基盤を築いています。どんな市況も乗り越えてきた強さの源泉が、独自の経営管理法『アメーバ経営』。部門別で独立採算制の運営が可能な経営システムを実現させ、経営意識を持って、常に世の中に求められているものは何かを一人ひとりが本気で考え、取り組むことができる活気ある集団を実現しています。 「考える、つくる、人のためになる」をキーワードに「情報通信市場」「自動車関連市場」「環境・エネルギー市場」「医療・ヘルスケア市場」の重点市場で、価値ある製品・サービスを届け続けます。
代表者名 谷本 秀夫
創業 1959年
設立 1959年
資本金
1,157.0億円
(2021年3月期)
売上高
15,268.0億円
(2021年3月期)
従業員数
78,490人
(持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く。2021年3月31日現在)
グループ会社数 関連会社 308社
今後の展望 お客様に喜んでいただく製品やサービスを提供する。私たちは「お客様第一主義」を最も大切なテーマととらえています。お客様に満足いただくために、時代の変化に即応するスピード感を持ち、京セラグループの有する技術力と経営資源を有機的に結びつけ、新たな価値を創造し続けています。
また京セラでは、成功の原動力は「ものづくりに懸ける熱い思い」と「挑戦する姿勢」であり、その積み重ねが成長へと繋がっていくと考えています。
今後も京セラは、持続的な売上拡大と高い収益率を実現していくと共に、社会から尊敬される企業の中の企業 "The Company" を理想の姿とし、更なる成長を目指していきます。
特長・強み 【心をベースとした経営】
京セラは、資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。頼れるものは、なけなしの技術と信じあえる仲間だけでした。会社の発展のために一人ひとりが精一杯努力する、経営者も命をかけてみんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いてよかったと思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの経営です。
人の心はうつろいやすく変わりやすいものと言われますが、また同時にこれほど強固なものはありません。その強い心のつながりをベースにしてきた経営、ここに京セラの原点があります。
本社所在地 〒 612 - 8501
京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
エントリーする