会員登録ログイン

航空機業界を学ぶ

日本の航空機工業は、戦前は軍需産業として国家の強化育成策で発展し、零戦などに代表されるような世界的な傑作機を生み出すとともに、最盛期には約100万人の従業員を擁して年間2万5千機を生産した世界有数の産業だった。しかし、第2次世界大戦の敗戦を機に、航空機工場の機械・設備、研究施設や設計資料などが破壊・消却され、航空機に関する活動は研究・教育活動に至る一切が禁止され、日本の航空機工業は文字通り消滅した。